About

MiSoLaは、ヘルシンキ発の手作りの生味噌と麹のブランドです。
私たちがMiSoLaを始めたきっかけ、MiSoLaに込めた想いとは。

MiSoLaの目指すもの


koji

穀物と豆を使い、和にも洋にも合う、新しい味噌をお届けします。

麹作り、味噌作りの過程では生ゴミはゼロ。体にはもちろん、環境にも優しくおいしいプロダクトを多くのお客様へ。

大豆アレルギーやグルテンに気を遣っている方にもやさしい商品も取り揃えています。

麹の持つ体に良いとされる酵素を、生産過程でできるだけ壊さないように心がけ、おいしさだけでなく、健康にも繋がるような味噌・麹作りを心がけています。

社名について


会社名のMiSoLaはフィンランド語で「味噌を作るところ」という意味があります。
「ミ・ソ・ラ」は日本独特な和の音階でもあると同時に、フィンランドの美しい青空も表現しています。

logo_sky

ロゴ・デザイン


MiSoLaのロゴマークは、picniqueの爲永泰之氏に依頼しました。

「MiSoLaのMをモチーフに3つの窓を表現し、その窓からはフィンランドの自然の風景や美しい空を垣間見ていただける仕掛けも。

またミ・ソ・ラの3音と一緒に、駆け上るイメージもプラスしました。」


風景写真


ホームページの美しいフィンランドの風景写真は、すべて写真家のかくたみほさんがフィンランドで撮影した作品です。

フィンランドの空気感が伝わる、かくたさんの美しい風景写真の数々も、ぜひお楽しみください。

Story


ヘルシンキ在住の石森弘子が立ち上げたMiSoLa(ミソラ)。

石森は、東京をベースにファッションやカルチャー誌で編集に携わってきました。
もともと料理が趣味で、味噌作りも15年ほど前から続けていた石森ですが、2009年生まれの長男の食物アレルギーもあり、さらに食の安全性にも興味を持つように。

フィンランドでは、美味しいお味噌はもちろん、味噌作りに必要な麹も入手が困難。母として、子供たちへ




安全で美味しい日本の味を届けたいという想いもあり、何気ない会話をきっかけに、ふたりで麹作りから試してみることに。

仕込みから完成まで丸3日ほどかかる、麹作り。初めは発酵器もなくクーラーバッグにヨーグルトメーカーを入れての温度管理。夜中に温度計のアラームで何度も起こされ、寝不足の日も。基本の米麹からスタートし、フィンランド産の材料を使った新たな麹や味噌の美味しさを日々研究・開発しています。